ホワイトイルミネーション 札幌中心部

札幌ホワイトイルミネーション2017が11月24日(金)から開催!

更新日:

今年も札幌の冬を彩る雪と光のアート、「ホワイトイルミネーション」の季節がやってきました。今年で37回目というかなり長い歴史と伝統があるこのイベントの詳しい開催期間や場所などを紹介していきたいと思います。


スポンサーリンク

札幌ホワイトイルミネーションの歴史

1981年当時の札幌は夏型観光が主流で、観光業界として「雪まつり」につながる初冬のイベントを創りたいということで始まったそうです。

当初1,048個の電球が取り付けられただけのイルミネーションという寂しいものでしたが、年々電球の数や設置会場を増やしていき、今では「日本三大イルミネーション」の1つとして認定されるまでになりました。

また大通2丁目会場では「ミュンヘンクリスマス市」とのコラボレーションも実施中とのことです。

開催場所

大通1丁目会場

はじまりの「ラブ・ツリー」

ハート型の電飾で彩られた赤エゾ松の木が観る人を魅了します。

大通2丁目会場

第16回ミュンヘンク・リスマス市 in Sapporo

ミュンヘン・クリスマス市とのコラボレーション会場。去年まで設置されていた「宇宙の領域」に代わる大型のツリーが設置されるとのことです。

大通3丁目会場

雪のいぶき「スノークリスタル」

雪の結晶をモチーフにしたオブジェにブルーを基調としたライトが照らし出されて幻想的な世界観を演出します。

大通4丁目会場

輝きの「ジュエリーパレス」

紫とピンクを基調としたグランドイルミネーション「ジュエリーパレス」は、ダイヤモンドをモチーフにしているとのことで光の宮殿とも呼ばれています。

大通5丁目会場

ほほえみの「トゥインクルガーデン」

ゴールドで彩られたシンボルツリーがある「トゥインクルガーデン」はちょうど中間地点に位置するので、休憩所としてホットドリンクや軽食などが楽しめる「クリスマスガーデンカフェ」がオープンするとのこと。

スポンサーリンク

大通6丁目会場

煌めきの「フォレストサークル」

グリーンに輝くボールのオブジェが設置され、落ち着いた光が夜の静寂を演出します。

大通7・8丁目会場

世界初「光のエキシビジョントンネル」

日本新三大夜景都市に選ばれた長崎・神戸・札幌の夜景をイメージした会場。各都市のテーマカラーである赤、青、白をモチーフにした「光のエキシビジョントンネル」が設置されています。


スポンサーリンク

札幌駅南口駅前広場会場

エキヒロイルミネーション

札幌の玄関口に高さ10メートルのツリーとJRタワーの外壁に装飾が施されています。

札幌市北3条広場「アカプラ」会場

アカプライルミネーション

北海道最古の街路樹であるイチョウ並木を変幻自在のLEDライトで演出します。

駅前通会場

JR札幌駅からすすきのまでの道のりにある中央分離帯の立木をLEDで装飾します。札幌のメインストリートが一段と賑やかになります。

南一条通会場

三越やパルコがある南一条通の街路樹に装飾し、買い物客で賑わう通りをロマンチックに演出します。

各会場の開催期間

大通会場(1丁目〜8丁目)

開催期間 11月24日(金)〜12月25日(月)

点灯時間 16:30〜22:00(12月23日〜12月25日は24:00まで点灯)

駅前通会場

開催期間 11月24日(金)〜2月12日(月)

点灯時間 16:30〜22:00(12月23日〜12月25日は24:00まで点灯)

南一条通会場

開催期間 11月24日(金)〜3月14日(水)

点灯時間 16:30〜22:00(12月23日〜12月25日は24:00まで点灯)

札幌市北3条広場「アカプラ」会場

開催期間 11月24日(金)〜3月14日(水)

点灯時間 16:30〜22:00

札幌駅南口駅前広場会場

開催期間 11月24日(金)〜3月14日(水)

点灯時間 16:30〜22:00(2月中旬以降は日没後点灯)


スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ホワイトイルミネーション, 札幌中心部

Copyright© 新札幌周辺情報 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.