江別市内

江別蔦屋書店にある175°DENO担々麺の辛さは新感覚!

投稿日:

江別蔦屋書店にある担々麺屋さん、その名も【175°DENO担担麺】が美味しいとのことなので早速いただいてみることにしました!

スポンサーリンク

名前の由来

175°DENO担担麺という名前はすごく珍しいですよね!呼び方や名前の意味がちょっと気になったので調べてみました。

まず呼び方は「ひゃくななじゅうごどでのたんたんめん」う〜ん‥呼び方がわかっても全然意味がわからないですね。

続いて名前の意味ですが175°はラー油を煮込む時の温度、DENOというのは創設者の名前から来ているらしいです。意味がわかるとなるほど!と思ってしまいますね!

スポンサーリンク

食べログのラーメン百名店に選ばれる

この175°DENO担担麺は食べログの百名店EASTに選出されるほどの実力店とのことで、かなりの名店だとうかがい知ることが出来ますね♪

メニューの選び方

1.担担麺の「汁あり」「汁なし」を選ぶ

2.「シビれ」の強さを選ぶ ※ここで言うシビれとは従来の辛さとは別物とのこと

3.トッピングを選ぶ

以上を選んで食券を購入し、辛さが足りない場合はお好みでラー油を足すことが出来ます。

汁なし担担麺850円(普通のシビれる)でも結構シビれにパンチがある

麺は平麺タイプで太さは16番手くらい?でしょうか。早速かき混ぜていただいてみます。

食べた瞬間「四川花椒」が舌に効いてきます!

中くらいの「シビれ」でも結構シビれてきます!(中くらいにしといて良かったかも)辛さとは別の感覚があり、新感覚の美味しさを体験できました♪

感想としまして、初めて食べる方は中くらいの「シビれ」にしておいた方がいいかもしれません。また是非食べてみたくなる味でした!

店舗情報

営業時間

11:00〜21:00

メニュー

定休日

無休

アクセス


北海道江別市牧場町14-1 江別蔦屋書店

お問い合わせ

011-887-7017

スポンサーリンク

-江別市内

Copyright© 新札幌周辺情報 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.