体験・見学

【農感塾】バスツアーに参加!3つの農園を体験し収穫した野菜ももらえて最高のバスツアーだった!その1

投稿日:

食と農を学ぶ【農感塾バスツアー】というものを体験してきました!実際に農業体験しプロの栽培方法や保存方法などのアドバイスをいただけたり、最後に収穫した新鮮な農作物を持って帰ることもでき、普段できない貴重な体験をすることができました!

スポンサーリンク

農感塾とは

農業体験を通じ、食の大切さを楽しく学べるJA(農業協同組合)グループの(株)農協観光が企画するバスツアーです。長年続いているこの人気企画のきっかけは、農家さんと民間消費者の距離をなくして農業をもっと身近に感じてもらいたいとの願いから始まったとのこと。

今回参加したバスツアーのスケジュール

8:30  札幌市JA北農ビルから出発

9:30〜9:45  休憩:道の駅マオイの丘公園

10:00〜10:30  農業体験:河島農園にて冬季完熟いちご「百々の幸(もものさち)」栽培施設を見学

10:50〜11:30  農業体験:卵ラン農場ムラタにて卵拾いと平飼い養鶏場の見学

11:35〜11:45  休憩:道の駅マオイの丘公園

12:00〜14:00  調理実習:千歳中央コミュニティセンターにて「そば寿司」と「いちご大福」づくり

その後、つくった「そば寿司」「いちご大福」とあらかじめ用意されている「そばの実ご飯」豚汁で昼食

14:25〜15:00  農業体験:あしだ農園にて菌床椎茸の栽培見学と収穫体験

15:30〜15:45  休憩:輪厚SA

16:20  JA北農ビル前到着後、解散

今回参加したのは日帰りバスツアーで、天候により予定時間が早まったり遅れたりすることもあるとのことでした。

スポンサーリンク

河島農園さんのいちご「百々の幸(もものさち)」が上品すぎる甘さで美味しい

最初の農業体験場所、河島農園さんにやってきました。外の気温はまだ寒いけどハウスの中は30℃以上あるとのことで、実際中に入ると暑かったです。

ハウスの中はこんな感じです。中に入ると真っ先にメガネが曇ってしまいました。ちょっとイメージしてたのと違ったのがなにやら棚の上で栽培してますね。後で調べてわかった事なのですがこれは高設栽培というものらしく、こうすることによって清潔で病気の少なく手入のしやすい作業が出来るとのことです。

またEM菌という微生物を使った栽培法を行うことで農薬を極限まで使用しないで栽培することができるそうです。

いちごを1人一つ選んで食べていいと言われたので、早速頂いたら酸味がなく上品な甘さが口いっぱいに広がってとても美味しかったです。

もっといっぱい食べたかったのですが高級いちごなのでこれが限界らしいです。残念。

美味しかったので農家さんから高級いちごを1パック買って帰ることにしました。

卵ラン養鶏場ムラタさんの卵は「北海道洞爺湖サミット」で使用されたすごい卵

続いてやってきたのは卵ラン養鶏場ムラタさん。ここの卵はなんとかつて「北海道洞爺湖サミット」で使用されたとのことでかなり美味しいに違いありません!そしてそのこだわりも想像以上です。

上の写真の右側に写っているのが鶏たちが食べる餌なのですが、米、麦、魚粉、きなこ、とうがらし、かき貝、生半ぬか、にんにく、塩、海藻とかなりの種類の餌を与えているとのこと。

鶏はゲージに入れないで平飼いにすることでストレスを与えずいい卵を産んでくれるそうです。

ここの卵は有精卵です。でも無精卵との栄養価などの違いはあまりないみたいですが有精卵は温めるとヒヨコが産まれます。1人10個だけ持って行っていいとのことだったので、バスガイドさんのアドバイスどおり帰ったらTKG(卵かけご飯)をいただきます。

黄身の色がレモン色なのもここの卵の特徴。また箸でつまんでも中々割れないくらい黄身がしっかりしていました。

長くなりましたので続きは次回ブログにアップします!

スポンサーリンク

-体験・見学
-

Copyright© 新札幌周辺情報 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.