こどもちゃれんじ

「こどもちゃれんじ ぽっぷ4月号」が届いた!「ひらがな」や「数」が遊び感覚で覚えられる内容になっている!

投稿日:

こんにちは新札幌周辺情報です。今日は「こどもちゃれんじぽっぷ4月号」が届いたのでその内容をご紹介していきたいと思います。

「こどもちゃれんじぽっぷ」は3・4歳児向けの教材なのですが届いた教材や付録の使い方がちょっと複雑な所があるので、大人が一緒になって遊んだ方がいいかもしれません。

実際に自分も使い方の載っているページで確認しながら娘と遊びました。

スポンサーリンク

「こどもちゃれんじ ぽっぷ4月号」で届く教材一覧

  • 音声タッチペンの「はてなんだくん」 ※「こどもちゃれんじ ぽけっと」でもう貰っている場合はそれを使います。
  • ひらがな おとじてん
  • ちゃれんじえんごっこセット
  • キッズワーク(4月号)
  • どこでも かんがえる あそびシリーズ
  • おどうぐばこ
  • 絵本(4月号)
  • DVD(4月号)
  • こどもちゃれんじぽっぷ通信(4月号)

ひらがな おとじてん

ひらがな おとじてん

3・4歳の年少さんになるころから少しずつ「ひらがな」に触れていこうというのが狙いのこの「ひらがな おとじてん」

いろんな所の絵や文字に「はてなんだくん」でタッチすると読み上げてくれます。大抵どこかにタッチしたら何かしら答えてくれる高性能な「はてなんだくん」。

表紙にタッチしても返答してくれるし後ろのページには「あいうえおシール」が沢山あるのですが、そのシール一枚一枚もちゃんと読み取ってくれます。例えば「あいうえおシール」で子供の名前を完成させて「はてなんだくん」に喋ってもらうことも可能です。

この方法で子供が自分の名前の「ひらがな」を覚えることができます。また自分の名前と同じ「ひらがな」を本の中から探すゲームなども効果があるとのことです。

自分の娘もこの教材で、「物」にはそれぞれ名前がついた文字が存在するという認識をもつことができました。年少さんが終わる頃には「ひらがな」を読めるようになれるといいなと思います。

スポンサーリンク

ちゃれんじえんごっこセット

お家で幼稚園や保育園での集団生活に対する決まりごとやマナーなどを楽しく身につけていくという趣旨とのこと。

キャラクターは「しまじろう」「みみりん」「はなちゃん」「いぬこせんせい」その他にトイレ、洗面台、給食テーブル、バス、滑り台があります。

実際に自分と娘で遊んでみて「滑り台滑るときは順番に並んでね」とか「外で遊んだときは手を洗いましょう」とかシチュエーションを通してルールを教える事が出来るのでいいかなと思います。

キッズワーク4月号

キッズワークでは「数量」「図形」「論理」「言語」を学んでいく事ができます。どうやらその月毎に重点的に覚えるテーマがあるらしく、今月号は「数量」を重点テーマにしたプログラムになっているようです。

最初のページを開くと今月のテーマの狙い、使い方や関わり方などのポイントなどが書かれています。これを参考にしながら進めていくといいかもしれません。

主にシールを貼ったり、クレヨンを使って線を書くなどしてどっちが多いか少ないかの概念を覚える内容になっています。

どこでも かんがえる あそびシリーズ

絵本の中にある「ひらがな」や「すうじ」を見つけてビンゴゲームで遊べるようになっています。絵本の中だけじゃなく普段の生活の中に隠れている「ひらがな」を一緒に探して遊ぶのも効果的に覚えやすいとのことです。

おどうぐばこ

こちらの「おどうぐばこ」は「こどもちゃれんじ ぽけっと」から継続した時にピンク、青、緑から好きな色を選べるとのことだったので、娘は迷わずピンクを選びました。

材質は紙で出来ていますがしっかりした作りになっています。しかしただの箱ですので子供の興味は中々得られづらく、「おどうぐばこ」としての機能を発揮できていません。少しずつお片づけをできるように頑張っていきたいです。

絵本(4月号)

「こどもちゃれんじ」の絵本は結構優秀で、1回読み聞かせると5回リピートするくらい娘に好評です。

絵本といっても全部が童話や物語だけではなく、手洗いや歯磨きの大切さなども子供にわかりやすく説明する内容なども書かれています。

4月号の内容は朝起きた時の顔の洗い方や歯の磨き方、色々な生き物の親子の紹介などが書かれていました。

DVD(4月号)

DVDは1枚に2ヶ月分が収録されています。自分たちは「ぽけっと」からの継続なのですが、4月から新たに受講される方はどういう形式になるのかはちょっとわかりません。

4月号の内容は絵本に載っていた朝の顔の洗い方や歯の磨き方を動画で説明したり、「ひらがな」や「かず」について軽く触れる程度の内容になっています。5月号、6月号に進むにつれて徐々に内容がレベルアップしていくのでしょうか?

こどもちゃれんじぽっぷ通信(4月号)

こどもちゃれんじぽっぷ通信(4月号)では表紙にも書かれていますが、「うちの子に合ったひらがなの学び方」という特集をやっていました。この時期からひらがなを読める子もちらほらいるようですね。

そういえば自分が子供の頃ひらがなが読めるようになったのっていつだっけなぁと思い返しています。ちなみに冊子の特集の内容では、この時期にひらがな50音がほぼ読める子供は13%とのことでした。つまり87%がまだ読めないことになります。

「興味をもつのがゆっくりでも小学校までには追いつく」と大学教授の先生がコメントしてました。

その他には子供のタイプによって学び方を工夫してあげるのが効果的とのことで、冊子の内容では「こどもちゃれんじ ぽっぷ4月号」を使っての学び方や接し方のヒントが書かれていました。

我が娘も最近「か」の文字をいつの間にか書けるようになっていてびっくりしていますがこれもこの教材の効果でしょうか?5月号、6月号が届くのがいまから楽しみです。

スポンサーリンク

-こどもちゃれんじ

Copyright© 新札幌周辺情報 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.