こどもちゃれんじ

こどもちゃれんじ ぽっぷ 8月号のエデュトイで文字を読むことに興味を持つきっかけになる

投稿日:

こんにちは新札幌周辺情報です。今回は「こどもちゃれんじ ぽっぷ 8月号」が届いたので早速紹介していきたいと思います。今月号から12月号にかけて【46文字読み完成プログラム】が始まります。「ひらがなパソコン」を使って、歌やクイズなどで楽しみながら平仮名の読みの完成を目指すプログラムとのことです。自分の娘はどちらかというと平仮名の覚えは遅いほうかもしれないので、これで覚えてもらい最終的には自分で絵本を読めるくらいまでいけたら嬉しいです。

スポンサーリンク

DVDで挨拶の仕方や公園に行った時の注意事項など普段の生活での大切なことを紹介

こどもちゃれんじ ぽっぷ 8月号DVDの目次は以下のようになっています。

1 なんてよむ?(り)

2 なんてよむ?(い)

3 あいさつ

4 ひらがなパソコンであそぼう!①

5 きるとどうなる?

6 ぜんぶでいくつ?

7 むしのしょくじ

8 ぜんぶでいくつ?

9 こうえんであそぶときのやくそく

10 なんてよむ?(う)

11 ひらがなパソコンであそぼう!②

12 おしらせ

ABCえいご

チャプター1・2・10の「なんてよむ?」では頭に平仮名の(り)・(い)・(う)のつく物や動物を紹介。

チャプター4・11「ひらがなパソコンであそぼう」ではひらがなパソコンの遊び方を動画付きで説明しています。

チャプター5の「きるとどうなる?」は今月号から始まった【手指で考えるプログラム】(全4回)です。今月のテーマは考えて切るです。DVDをみて実際に絵本に付属されている鯉のぼりを色々な形に切って遊んでみましょう。

チャプター9の「こうえんであそぶときのやくそく」では遊具で遊ぶ時の注意点。

チャプター12の「おしらせ」では9月号で届く物の紹介。今月号で使っている「ひらがなパソコン」のカードがさらに2枚(表裏あわせて4面)と「トレインえんぴつ」が届くそうです。この「トレインえんぴつ」をつかって鉛筆の持ち方を楽しくマスターが出来ます。

ABCえいご」では【A Sailor Went to Sea】と【Colors】の英語の曲が2曲収録されています。

スポンサーリンク

ぽっぷ絵本では夏の虫の名前やその特徴などを写真付きで紹介

ぽっぷ絵本の目次は以下のようになっています。

なにを たべる? なつの むし

カブトムシ・クワガタムシ・セミ・蝶・カマキリ・トンボといった夏の虫に関する特徴などが写真付きで紹介されています。

こうえんでの やくそく

DVDでも紹介されていますが、ぽっぷ絵本ではクイズ形式でさらに詳しく説明されています。「ブランコは柵の外を通っていくこと」、「滑り台はおもちゃを持たずに手すりを掴んで登ること」、「暑い日は帽子を被ること」と言った注意事項が書かれています。

パッピーと すてきな ともだち

12ページにわたってのお話が掲載されています。チョウチョウウオの子供が迷子になり、テナガダコやアオウミガメ、ジンベイザメに一緒に探してもらい無事にパパとママに会えたと言う内容のお話になっています。

あいさつ ちゃんと できるかな?

しまじろうが夏休みで親戚の家に遊びにきている時に、普段会わない人がやってきます。最初は緊張してパパの後ろに隠れていたしまじろうも最後には元気に挨拶できるようになるお話です。

ひらがなパソコンで しまじろうと あそぼう!

DVDでも紹介されていますが、ぽっぷ絵本ではさらに詳しく写真付きで説明されています。さらに最後のページにもっと詳しい説明書があります。

この「ひらがなパソコンの使い方」は必ずお読みくださいとぽっぷ絵本には書かれていました。

きると どうなる?

【手指で考えるプログラム】の初回の「きると どうなる?」ですが、DVDでも紹介されています。ページの最後の方にジョキジョキシートという名前の付属品があるのでそれを使用します。

このコーナーでは、ハサミだけではなくノリも使用するとの事なので予め準備が必要です。

キッズワーク8月号の重点テーマは「言語」(ひらがなの字形)

キッズワーク8月号の今回の重点テーマは「言語」(ひらがなの字形)ですが、中の内容は平仮名を実際に書いたりする問題はありませんでした。

どちらかというと前回同様で形に合わせてシールを貼ったり指定された物をクレヨンでマルをつけたりする作業が多かったです。

ひらがなパソコンで自分の名前を登録できたり多彩な歌やゲームで楽しく平仮名に触れることができる

先月号まで活躍してきた音声タッチペン「はてなんだくん」に代わって今月号からしばらくお世話になる「ひらがなパソコン」。ここではその遊び方を紹介していきたいと思います。

ゲームあそび

本機の右上部分にしまじろう人形を差し込むと、しまじろうと一緒に遊ぶことができます。(無くてもボタンを押すだけでも遊べます)4つのゲームを遊ぶことができますが、かるたゲームは11月号で届く「かるたのかぎカード」がないと遊べないとのことです。

おはなしゲーム

しまじろうからの色々な質問に答える遊びです。しまじろうが好きな動物はなに?と聞いてきたら好きな動物の文字を入力して、右下にある「できたボタン」を押します。するとしまじろうがそれについて答えてくれます。間違えた場合は「できたボタン」の上にある「もどるボタン」を押して初めから押し直します。

うたゲーム

好きな文字を6文字まで入力し、右下にある「できたボタン」を押すとその文字を使ってしまじろうが歌を歌ってくれます。文字数によって曲が変わるので飽きずに遊べます。

もじさがしゲーム

しまじろうから指定された文字を探して遊ぶゲームです。

カードあそび

付属されている「ひらがなカード」を差し込み音声にしたがって遊びます。「ひらがなカード」は2枚で表と裏合わせて4パターンの遊びができます。

気になる絵の頭文字を入力して「できたボタン」を押すと、しまじろうがそれについて話したり歌ったりしてくれます。

名前登録の仕方

名前を登録するとしまじろうが名前で呼んでくれるようになります。まず「な」のボタンを押しながら電源スイッチを入れます。すると名前登録モードになるので、そこで名前を入力し「できたボタン」を押します。

次に呼び名登録に移ります。「君」で呼ばれたい時は「く」を、「ちゃん」で呼ばれたい時は「ち」の文字を押します。

最後にこれでよろしいですか?と質問されるので、「はい」の時は「は」を「いいえ」の時は「い」を押して終了となります。間違えた場合は「もどるボタン」を押し、最初から名前を入力します。

一度名前を入力すると電源を消しても名前が保存されますが、名前登録モードにしてしまうと登録した名前が消えてしまうので注意が必要です。

収納も便利

このように本機の裏側がカードを収納できる作りになっているのでとても便利です。

こどもちゃれんじ ぽっぷ通信8月号ではさらに工夫した平仮名遊びが紹介されている

今月号のぽっぷ通信の特集は「伝わる」うれしさで身につくひらがな46文字を読む力です。子供の読む意欲を伸ばす接し方や、平仮名の学びに関するQ&Aが紹介されています。また「ひらがなパソコン」を使った親子でのコミュニケーション遊びのやり方も紹介されています。

12月号までは「ひらがなパソコン」を中心にした教材が届くようになっているみたいです。

以上、こどもちゃれんじ ぽっぷ8月号の紹介でした。9月号が届き次第また紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

-こどもちゃれんじ

Copyright© 新札幌周辺情報 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.