グルメ

朝ドラでモデルとなった六花亭の【マルセイバターサンド】を食べてみた

投稿日:

こんにちは新札幌周辺情報です。今回は北海道を代表するお菓子メーカー「六花亭」の銘菓【マルセイバターサンド】を紹介して行きたいと思います。ちなみに「六花亭」はNHKの朝ドラ「なつぞら」のモデルとなったとされています。

六花亭とは

企業名は「六花亭製菓株式会社」1933年に小田豊四郎が叔父の岡田式二が経営する千秋庵に入社します。その後1977年に独立し、「六花亭製菓」の初代社長に就任。名称の由来は「北海道を代表する菓子店に」という願いから、雪の結晶を表す「六花」(りっか)という文字が使われています。

代表する商品として「マルセイバターサンド」があり、名称の由来は、十勝の開拓者である依田勉三が初めて作ったバターが「マルセイバター」だったことから名付けられました。

マルセイバターサンドを食べてみた感想

外見はシンプルでこれといって特徴はありません。あえて言うなら手に持ちやすい大きさや形をしています。中を割って見るとレーズンの割合が結構多い印象です。

匂いはそんなにしないですが微かにレーズンの甘酸っぱい香りがします。

食感はサブレはしっとり系で軽くサクッと割れます。続いてラム酒とブランデーの風味が口に広がります。最後にレーズンとホワイトチョコの濃厚な甘みが来るという感じです。

率直な感想としましては、濃厚な味付けなので大人向けと言う印象です。レーズンとかウイスキーボンボン苦手な方は好まない味かもしれません。逆にそれが好きと言う方にはヒットする味だと思います。

マルセイバターサンドの更に美味しい食べ方

なんとこのマルセイバターサンドには美味しく食べるための裏技があるらしいです。色々調べてみたところ、「常温」、「冷蔵」、「冷凍」の3種類の食べ方があるとのこと。「常温」は先程紹介した通り、クリームは柔らかめのサブレはしっとり系です。「冷蔵」はクリームが少し硬くなります。最後に「冷凍」はなんとアイスみたいになるらしいです。次食べる時は冷凍に挑戦してみたいです。

また、9月16日は敬老の日なので安定の六花亭も有りかもしれませんね。

-グルメ

Copyright© 新札幌周辺情報 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.