お役立ち グルメ 新さっぽろ周辺 札幌市内 江別市内

新札幌周辺で食べる年越し蕎麦の紹介や由来・意味について

投稿日:

こんにちは新札幌周辺情報です。今回は年末に食べる年越し蕎麦の由来や基本的な具材、新札幌周辺で食べれるお店などをいくつか紹介していきたいと思います。ちなみに著者は今までなにも気にしないで年越し蕎麦を食べてきましたが、結構深い意味が込められていたみたいです。

年越し蕎麦の由来

年越し蕎麦の由来

何も気にしないで食べてきた年越し蕎麦ですが、その由来や意味や由来を調べてみたところ、いくつか説があるそうです。

鎌倉時代の博多で貧しくて年を越せない人たちにお寺が「そば餅」をふるまったそうです。それを食べた人たちの運気が上がり、たちまち噂になって年末に蕎麦を食べる習慣が根付いたとされている説。

江戸時代に商家の間で三十日蕎麦(みそかそば)と言う月の末日に蕎麦を食べる習慣から広まった説。

また、江戸時代では「脚気(ビタミンB1の欠乏により足がむくんだり、しびれたりする)」が流行しており、「蕎麦を食べる人は脚気にならない」と言う噂から広まったと言う説などがあります。

年越し蕎麦に込められている意味

年越し蕎麦蕎麦を食べる事により縁起を担ぐさまざまな意味が込められているそうです。

長寿延命

蕎麦は細く長いことから長寿延命を願って食べられていたとされています。

一年の苦労や厄災を切り捨てる

蕎麦は他の麺類に比べて切れやすいことから、一年の苦労や厄災を切り捨てると言う意味を込めて食べられていたとされています。

金運を上げる

当時の金銀細工師が飛び散った金をそば粉を使って集めていたことから「金を集める」と言う縁起が良いものとして食べられていたとされています。

健康祈願

蕎麦は風雨に叩かれても再び日光を浴びればすぐ元気になる事から、健康の縁起を担いで食べられていたとされています。

年越し蕎麦に乗せる具材の意味

海老天ぷら

海老は腰が曲がっている事から長寿延命を象徴する食材として縁起が良いとされています。

ニシン

ニシンは二親=両親と解釈され、子供がたくさんできますようにと願いが込められており、京都では主流の食材だそうです。

月見そばの卵は黄身の色が金を連想させ縁起が良いとされています。

油揚げ

稲荷神は「豊作」「商売繁盛」の神様とされており、その神の式神であるキツネの好物が油揚げという事から縁起物の食材とされています。

ネギ

一年苦労をねぎらうと言う語呂合わせから来ています。

スポンサーリンク

新札幌周辺で食べれる蕎麦のお店

新札幌周辺で食べれる蕎麦のお店をいくつか紹介していきたいと思います。

蕎麦屋「両国」

そば うどん 両国

新札幌駅にある蕎麦屋「両国」です。

サラセン人の麦

こちらは「蕎麦屋サラセン人の麦」です。江別市新栄台にあります。

手打ち蕎麦神楽坂

こちらは「手打ち蕎麦神楽坂」国道12号線にあります。

スポンサーリンク

-お役立ち, グルメ, 新さっぽろ周辺, 札幌市内, 江別市内

Copyright© 新札幌周辺情報 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.